海外

2020.08.12

ニュージーランド レベル2及び3の行動制限

【要点】

・アラートレベル3及び2においても、NZを出国するためであれば、NZ国内線、バス、電車、自家用車での移動が可能です。

・オークランド空港での乗り継ぎは、空港内に滞在する必要があります。また、乗り継ぎは12時間以内とされています。

・報道によると、NZ航空の国際線スケジュールに変更はないようですが、状況は変化し得るので、渡航をご予定の方は、航空会社のウェブサイト等でこまめに確認してください。

・チェックインや保安検査手続きは、通常よりも時間を要するため、余裕を持って行いましょう。

 オークランドにおいて感染源が特定できていない4件の感染確認事例が発生したことを受け、NZ政府は本12日正午より、オークランドにて国内警戒レベル3、オークランド以外の地域においてはレベル2を導入することを決定しました。

 同措置によるフライトへの影響及び行動制限の概要は、以下のとおりです。

1 フライト情報

(1)国際線・国内線への影響

・メディア等の情報によると、NZ航空関係者は「現在のところ、国際サービスに変更はない(There is currently no change to our international services)。」と発言していますが、フライト情報は頻繁に変更されるため、ご自身でも航空会社ウェブサイト等でこまめに確認してください。
・NZ航空では、オークランド発のフライトにおいてマスク着用を義務付けるそうです(持参もしくは航空会社が提供)。
・チェックインや保安検査手続きは、通常よりも時間を要するため、余裕を持って行うことをお勧めします。_
・NZ当局によると、国際線に乗り継ぐために国内線でオークランドに到着した場合は、空港内に滞在しなければならず、滞在時間は12時間を超えてはならないとのことですので、ご留意ください。

(2)国内の移動制限

 本12日付けで更新された運輸省HPには、レベル2及び3における移動制限について、以下のとおり掲載されています。

・国内線(航空機)
 NZを出国する目的であれば利用可(ただし、空港外に出てはならない)。

・バス、電車
 NZを出国する目的であれば、バスや電車を利用してオークランドへ移動可。

・自家用車
 NZを出国する目的であれば、自家用車でオークランドへ移動可。

〈運輸省HP〉https://www.transport.govt.nz/about/covid-19/transport-and-travel-by-alert-level/#car

2 警戒レベル「3」の行動制限(オークランド)

  https://covid19.govt.nz/covid-19/restrictions/auckland/

(1)体調不良の場合

 ・家に留まり、仕事や学校には行かない。
 ・風邪やインフルエンザの症状がある場合は、下記リンクの機関でCOVID-19の無料検査を受けることができる。
 https://covid19.govt.nz/health-and-wellbeing/get-tested-for-covid-19/

(2)仕事

 在宅勤務が推奨される。

(3)移動、自主隔離

 現在オークランドに一時滞在中で、オークランド以外に居住する人は、帰宅することが望ましい。

(4)事業

 ・事業者は営業できるが、顧客と物理的に接触してはならない。
 ・医療、司法サービス、生活必需品販売事業等、必要不可欠なサービスは営業可能である。
 ・バーやレストランは閉鎖されるが、テイクアウェイ(持ち帰り)は認められる。

(5)教育

 学校は安全が確保できれば開校してもよいが、可能な限り自宅学習が推奨される。

(6)外出時

 ・公共交通機関など公共の場所では、他人から2メートルの距離を保つ。
 ・外出時はマスク着用が強く推奨される。
 ・公共交通機関は、健康及び安全上の厳しい要件を満たせば運行可能で、利用者は距離の保持とマスク着用が求められる。
 ・図書館、博物館、映画館、フードコート、ジム、プール、プレイグラウンド、マーケット等の公共施設は閉鎖される。

(7)集会

 10人以下の集会は認められるが、結婚式、葬儀、タンギハンガ(マオリ式の葬儀)に限られ、物理的な距離の保持と公衆衛生対策が求められる。

(8)リスクのある人

 高齢者や既往症のある人は、可能な限り自宅で過ごし、外出の際には特段の注意を払う。

3 警戒レベル「2」の行動制限(オークランドを除く地域)

 https://covid19.govt.nz/covid-19/restrictions/alert-level-2/

(1)知っておくべきこと

 ・公共の場所では他人と距離を置く。
 ・手洗いを励行し、くしゃみや咳をする際は肘で覆う。
 ・どこに行ったか、誰に会ったかを記録する。
 ・可能な限りマスクを着用する。
 ・風邪やインフルエンザの症状がある場合は、下記リンクの機関でCOVID-19の無料検査を受けることができる。

 https://covid19.govt.nz/health-and-wellbeing/get-tested-for-covid-19/

(2)事業

 物理的距離の保持や来訪者の記録など、公衆衛生ガイダンスを遵守すれば営業できる。

(3)集会

 結婚式、誕生日、葬儀、タンギハンガ等の集会は100人以下とする。

(4)体調不良の場合

 ・家に留まり、仕事や学校には行かない。

 ・風邪やインフルエンザの症状がある場合は、医師またはヘルスライン(0800 358 5453)に電話して検査を受ける。

(5)物理的な距離等

 ・外出先では他人との距離を保つ。

 ・物理的距離を保つことが出来ない場所では、マスクを着用する。

(6)集会

 ・各種イベント(結婚式、ファミリーイベント、葬儀、誕生日会等)は、100人以下とする。

 ・共用物は清潔に保ち、手を洗い、安全な距離の保持に努める。

 ・集会の責任者は、接触履歴確認に備えて参加者を記録する。

(7)公共施設

 多くの公共施設(博物館、図書館、映画館、レストラン、カフェ、バー)は営業可能であるが、来訪者を記録すること。

(8)スポーツ、レクリエーション

 ・通常のスポーツやレクリエーション(ウォーキング、サイクリング、ハンティング、プールやジムの利用、ボートでのウォータースポーツ等)を行うことができる。

 ・多人数スポーツの場合、一定のスペースに100人以下とし、複数のグループが混ざることのないようにする。

(9)職場、企業

 ・小売業(モール、マーケット、テイクアウェイ店舗等)は、客同士の距離を2メートル離すこと。

 ・レストランやカフェ、バーでは、グループ同士を1メートル離し、グループごとに一人のスタッフで対応する。また、接触履歴確認に備え、全ての客と勤務者を記録する。

(10)移動

 ・レベル2以下の他の地域(Region)に旅行することができる。

 ・どのような旅行サービスを利用したか、誰と接触したかを記録し、他人との距離を保つ。また、目的地に向かう途中で立ち寄る場所の数を最小限にする。

 ・飛行機や、予約を伴う他の交通機関を利用する場合は、オペレーターの指示に従う。

(11)教育

 全ての年齢層の学校が開校できる。

在ニュージーランド日本国大使館
Level 18、 The Majestic Centre 100 Willis Street Wellington 6011
Web: https://www.nz.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
Email: consular@wl.mofa.go.jp  TEL: +64-4-473-1540

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。