日本橋夢屋

メニューを開く

インド格安航空券|飛行機チケット情報

インド行き海外航空券の種類とルート

インドへの直行便は、成田からデリー、ムンバイへ就航しています。経由便はバンコク、シンガポール、クアラルンプール経由や、香港、上海、ソウル経由などルートは多く、変更ができない最安値から、日付変更ができるタイプまで選択肢は豊富です。東京発・名古屋発・大阪発・福岡発の主な航空会社と航空運賃、経由便などご案内します。

航空会社・航空券の特徴

1.ANA

ANAは東京(成田空港)発着でムンバイとデリーに毎日直行便を運行しています。
ムンバイ行きとデリー行きで料金が異なり、それぞれ経由便利用より直行便利用の方が安価になります。
ムンバイ行きのエコノミークラスの運賃は出発5日前までに購入が必要で一番割安なValue(105,000円/115,000円/125,000円/157,000円/187,000円)、出発5日前までに購入が必要で復路変更が可能なBasic Plus【予約クラス:U】(217,000円)、出発当日まで購入が可能で復路変更が可能なBasic Plus【予約クラス:M】(274,000円)、出発当日まで購入が可能で変更料が無料なFlex Plus(294,000円)、有効期間が65日以上最長12か月までで復路変更が可能なFlex(190,000円)があります。
デリー行きのエコノミークラスの運賃は出発5日前までに購入が必要で一番割安なValue(60,000円/80,000円/100,000円/133,000円/163,000円)、出発5日前までに購入が必要で復路変更が可能なBasic Plus【予約クラス:U】(193,000円)、出発当日まで購入が可能で復路変更が可能なBasic Plus【予約クラス:M】(236,000円)、出発当日まで購入が可能で変更料が無料なFlex Plus(276,000円)、有効期間が65日以上最長12か月までで復路変更が可能なFlex(160,000円)があります。
ANAの無料受託手荷物許容量は個数制でエコノミークラス、プレミアムエコノミークラスは1個あたり23kg以内を2個まで、ビジネスクラスは1個あたり32kg以内を2個まで、ファーストクラスは1個あたり32kg以内を3個まで。

2.JAL

JALは東京(成田空港)発着でデリーに毎日直行便を運行しています。
エコノミークラスの運賃は経由便利用より直行便利用の方が安価になり、出発5日前までに購入が必要で予約時の空席状況に応じて運賃が変動するダイナミックセイバー5(60,000円/100,000円/140,000円/160,000円/180,000円/200,000円~)、有効期間が9週間以上12カ月以内で復路変更が可能なロングスティ5(160,000円)、出発当日まで購入が可能で復路変更が可能なJALエコノミーセイバー(272,000円~)、往復の予約変更が可能なJALエコノミークラス普通運賃(449,000円~)があります。
JALのプレミアムエコノミークラスの運賃は出発5日前までに購入が必要なダイナミックセイバー5プレミアム(260,000円)、出発当日まで購入が可能で復路変更が可能なJALエコノミーセイバープレミアム(292,000円~)、往復の予約変更が可能なJALプレミアムエコノミークラス普通運賃(449,000円~)があります。
JALの無料受託手荷物許容量は個数制でエコノミークラス、プレミアムエコノミークラスは1個あたり23kg以内を2個まで、ビジネスクラスは1個あたり32kg以内を3個まで。

3.エアーインディア

エアーインディアは東京(成田空港)発着でデリーに週4回直行便を、大阪(関西空港)発着で香港、デリー経由のムンバイ行きを週3回運行しています。
就航曜日は成田→デリー(日・月・水・土)、デリー→成田(日・火・金・土)、関西→香港→デリー→ムンバイ行き(火・木・土)、ムンバイ→デリー→香港→関西(月・水・金)となっています。
東京からデリー行きのエコノミークラスの運賃は最安運賃55,000円~から復路変更が可能となります。
エアーインディアの無料受託手荷物許容量は個数制でエコノミークラスは1個あたり23kg以内を2個まで、ビジネスクラス、ファーストクラスは1個あたり32kg以内を2個まで無料。

4.シンガポール航空

シンガポール航空は往復シンガポール経由でデリー、ムンバイ、コルカタ、バンガロール、ハイデラバード等に就航しています。
シンガポールのデリー、ムンバイ行きのエコノミークラスの運賃は同料金で出発14日前までに購入が必要な最安運賃(50,000円~)、出発7日前までに購入が必要な運賃(60,000円~)以外は全て出発当日まで購入が可能です。
最安運賃(50,000円~)は購入後の払い戻しができません。
全ての運賃で復路変更が可能で、運賃によって有効期限が異なります(2~7日/2~14日/1~30日/1~90日/365日以内)
シンガポール航空の無料受託手荷物許容量は重量制でエコノミークラス30㎏、プレミアムエコノミークラス35㎏、ビジネスクラス40㎏、ファーストクラス50㎏までとなっています。

航空運賃 2015.12月-2016.3月

出発地 目的地 航空会社|  経由地 エコノミー 12-3月 ビジネス 12-3月
羽田発
成田発
名古屋発
関空発
福岡発
ムンバイ ANA 直行便(成田) 105,000円~ 493,000円~
エアーインディア デリー経由 55,000円~ 286,000円~
シンガポール航空 シンガポール経由 50,000円~ 270,000円~
デリー ANA 直行便(成田) 60,000円~ 483,000円~
JAL 直行便(成田) 60,000円~ 528,000円~
エアーインディア 直行便(成田) 55,000円~ 286,000円~
タイ国際航空 バンコク経由 42,000円~ 261,500円~
キャセイパシフィック航空 香港経由 55,000円~ 243,000円~
中国国際航空 北京経由 20,000円~ 180,000円~
シンガポール航空 シンガポール経由 50,000円~ 270,000円~

・復路日付変更可能:エアーインディア、シンガポール航空
・お得なビジネスクラス:キャセイパシフィック航空、中国国際航空
 (いずれも諸税・燃油サーチャージ・取扱料金は別途)

 

海外航空券トップ