海外

2020.08.26

コロンビア 選択的隔離措置及びボゴタ市の経済活動再開に関するルール

●8月24日夜、ドゥケ大統領は、衛生上の緊急事態宣言を11月30日まで維持し、9月1日から選択的隔離措置を開始する(これまでの例外的に外出が認められる強制自宅待機措置から、例外的禁止事項を含む選択的な活動再開へ転換する)旨発表しました。

●同日,ボゴタ市政府は、市民の義務として,屋外でのマスクの常時使用、頻繁な手洗い、ソーシャル・ディスタンスの維持、公共交通機関の窓の常時開放、症状が認められる場合の10日間の自主隔離及び医療保険機関への通報、感染者が発生した世帯全体の14日間の強制隔離措置を発表しました。また、カジノ、劇場(屋内)、映画館(屋内)、テーマパーク、大規模イベント、バー、ディスコ、プール等の再開を保留し、それ以外の業種について8月27日からの曜日別の経済活動再開に関するルール(以下2参照)を発表しました。

 なお、身分証下一桁による入店等規制(pico y cedula)は維持し、ナンバープレート下一桁による交通規制(pico y placa)は、当面適用させない旨も発表しています。

●以下URLにて新型コロナウイルス関連情報が掲載されておりますので、ご参照ください。

https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/cs_america/#page_co_04

●当館の開館時間(一般、領事・査証窓口)に変更はありません。また、在留邦人の皆様への必要な支援については、引き続き対応できる体制をとっておりますので、支援が必要な場合は当館までご連絡ください。なお、領事窓口(パスポート、ビザ、証明書、戸籍届出等)での申請受付及び交付については、予約制とさせて頂いております。

1 8月24日夜,ドゥケ大統領は、衛生上の緊急事態宣言を11月30日まで維持し、9月1日から選択的隔離措置を開始する(例外的外出が認められる強制自宅待機措置から,例外的禁止事項を含む活動再開へ転換する)旨発表しました。

2 同日、ボゴタ市政府は、市民の義務として、屋外でのマスクの常時使用、頻繁な手洗い、ソーシャル・ディスタンスの維持、公共交通機関の窓の常時開放、症状が認められる場合の10日間の自主隔離及び医療保険機関への通報、感染者が発生した世帯全体の14日間の強制隔離措置を発表しました。身分証下一桁による入店等規制(pico y cedula)については維持し、ナンバープレート下一桁による交通規制(pico y placa)は、当面適用させない旨も発表しています。

 更に、カジノ、劇場(屋内)、映画館(屋内)、テーマパーク、大規模イベント、バー、ディスコ、プール等の再開を保留し、それ以外の業種について、8月27日からの曜日別の経済活動再開に関するルールを以下のとおり発表しました。

・月~日(時間制限なし):必要不可欠な活動(スーパー等の食料品店、薬局、宅配や持ち帰り形式のレストラン、医師、警察、高齢者ケア等)
・月~土(午前10時以降):建設業
・月~土(除:木曜日):オフィス(テレワーク70%を実施)、教育機関(父兄との合意による部分的再開)
・月~木(午前10時以降):製造業、卸売業(消費者と直接コンタクトの少ない業種)
・木~日(時間制限なし):レストランでの飲食(屋内の占有率は~25%まで)、小規模小売店(別途月~水の午後7時以降の夜間営業は申請ベースで可)、クリーニング屋、美容院等(消費者と直接コンタクトの多い業種)

3 新型コロナウイルス(COVID-19)感染が疑われる場合には、以下の厚生・社会保障省の番号に電話いただき、指示を仰ぐとともに、当館までご連絡いただけますようお願いいたします(携帯電話から市内電話番号をご利用の場合、頭に031を付けて下さい。)。

 なお、かかりつけの医療機関などがある場合には、相談することも検討してください。

・ボゴタ市から:330 5041
・国内(ボゴタ市外)から:01 8000 95 55 90
・携帯電話から:192
 ボゴタ市内にお住まいの方は、ボゴタ市保健局の番号も併せてご利用下さい。
・364 9666
・携帯電話から:123
(厚生・社会保障省、ボゴタ市保健局いずれもスペイン語のみの対応。)

 各県ごとの連絡先は以下URLからご参照ください。
https://www.minsalud.gov.co/sites/rid/Lists/BibliotecaDigital/RIDE/VS/ED/VSP/coronavirus-telefonos.pdf

 また、以下URLにて新型コロナウイルス関連情報が掲載されておりますので、ご参照ください。
https://www.jetro.go.jp/world/covid-19/cs_america/#page_co_04

 当館の開館時間(一般、領事・査証窓口)に変更はありません。在留邦人の皆様への必要な支援については、引き続き対応できる体制をとっておりますので、支援が必要な場合は、当館までご連絡ください。

 また、当館領事窓口(パスポート、ビザ、証明書、戸籍届出等)での申請受付及び交付については、予約制(メール( consular@ba.mofa.go.jp )で予約受付)とさせていただいております。これは、来館者の皆様の感染予防にも最大限配慮しながら当館業務を継続して遂行するために必要なものですので、恐れ入りますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。

4 引き続き国内線の運航及び陸上都市間移動が制限されており、国際線での出国は人道的なもので便数も限られている現状において、見通しが不透明な状況が続くものと考えられますが、日本への帰国を希望する場合は、当館領事メール、航空会社や旅行会社などから最新情報の収集に鋭意努めて頂くなど、出国できるよう速やかに行動してください。その際、経由地(国)に関する日本政府の感染症危険情報や入国制限措置、また、当該国による入国制限措置などの最新情報も入手するようにしてください。

5 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、現時点では飛沫感染と接触感染の2つが存在すると考えられており、過剰に心配することなく、手洗いや消毒用アルコールの使用、マスクの着用を含む咳エチケットなどの通常の感染症対策が重要とされています。

6 また、新型コロナウイルス(COVID-19)に限らず、海外では日本と違う環境でのストレスや疲労により、思いがけない病気にかかる可能性もありますので、予期できないトラブルに備え、海外旅行保険には必ず加入しておくことをおすすめします。実際、海外旅行保険に加入していなかったために、病気やケガなどにより非常に高額な医療費を支払うこととなったケースが多くあります。

7 関連サイト

(1)コロンビア大統領府ホームページ(感染者数・地域等が図表で参照可能)

https://id.presidencia.gov.co/inicio

(2)厚生労働省ホームページによる周知

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ア 新型コロナウイルスを防ぐためには

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf

イ 一般的な感染症対策について

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf

(3)国立感染症研究所ホームページ

https://www.niid.go.jp/niid/ja/

(4)外務省 海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

【問い合わせ先】

在コロンビア日本国大使館
Carrera 7 No. 71-21, Torre B Piso 11, Bogota D. C.
※一時的に電話番号を変更しております
電話番号(日本語): +57 317 438 3097
電話番号(スペイン語): +57 318 206 2161
電話番号(土日祝日及び平日時間外17:30~9:00): +57 315 340 6283 (※緊急時)
FAX: +57 (1) 317 49 89
http://www.colombia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。